コーティングシザーのメンテナンス方法

1.コーティングシザーを使う前に

メンテナンス画像1

大切なシザーがお手元に届きましたら、まずは開閉と刃欠けの確認をお勧めします。また、施工を証明する保証書の確認もお忘れなく。美しい塗膜で覆われたシザーは、密度のある滑らかな動きをお楽しみいただけます。使用前には革で刃先を丁寧に拭いてください。

2.刃先に違和感を感じたとき

メンテナンス画像2

シザーの特殊なコーティング剤でバリが発生することがあり、違和感が生じる場合は、革で丁寧に拭き取ると軽減できます。なお、バリとは、刃の金属バリではなく、コーティング剤から発生する塗膜のバリを指します。

3.落下などによる強い衝撃を受けたとき

メンテナンス画像3

シザーを落とした場合は、開閉を慎重に行って刃欠けやゆがみを確認してください。強度は強化されていますが、過度な衝撃で破損することがあります。また、違和感のない開閉を数回行い、切れ味を確認することをお勧めします。刃欠けやゆがみがなくても、全体を革で拭いてから使用してください。

4.メンテナンスレザーの拭き方

メンテナンス画像4

シザーのメンテナンスには、シザー拭き用の革を使用して、特に刃先などのカット時にストレスがかかる部分を丁寧に拭き上げることが大切です。金属バリではなく、コーティング剤の塗膜からのバリが切れ味に影響する可能性があるため、日々の拭き上げでバリを除去したり、発生を抑制することができます。